陸上自衛隊、米仏と初の本格的訓練 離島への着上陸や市街地戦、5月実施を発表

水陸機動団に配備された水陸両用車「AAV7」
水陸機動団に配備された水陸両用車「AAV7」

 陸上自衛隊と米海兵隊、フランス陸軍が5月ごろ、九州で共同訓練を実施する。日本国内で、3カ国の陸上部隊が本格的な訓練をするのは初めて。コロナ禍のなか、軍事的覇権拡大を進める中国を念頭に、日本だけでなくインド太平洋地域の平和と安全を守り抜く姿勢を示す構えだ。

 「フランスは『法の支配』に基づく『自由で開かれた国際秩序』を担う国だ。(日米仏の)共同訓練は地域の平和と安定にとって非常に大きい」

 陸自トップの吉田圭秀陸上幕僚長は15日の記者会見で、こう語った。

>>続きを読む