同時期に中国・台湾に米大物派遣、バイデン外交の真意 ケリー氏は上海訪問、アーミテージ氏ら台湾入り 識者「対中融和『二重路線』感じられる

14日、上海に到着、バスでホテルに向かうケリー氏一行(ロイター)
14日、上海に到着、バスでホテルに向かうケリー氏一行(ロイター)

 米国のクリス・ドッド元上院議員(民主党)と、リチャード・アーミテージ、ジェームズ・スタインバーグ両元国務副長官からなる非公式代表団が14日、台湾入りした。代表団は15日、蔡英文総統と会談し、ジョー・バイデン大統領のメッセージを伝えるとともに、台湾側の外交、安全保障を担当する高官らとも意見交換する。14日には、バイデン政権で気候変動問題を担当するジョン・ケリー大統領特使が中国・上海を訪問している。この「同時外交」は何を意味するのか。

 「米国が台湾およびその民主体制への関与(の深さ)に関して重要なシグナルを送るものだ」

 米ホワイトハウスは声明で、ドッド氏らの派遣について、こう強調した。非公式代表団は、台湾関係法が今月10日に制定から42年を迎えたことに合わせて訪台した。

>>続きを読む