【朝日新聞研究】朝日新聞社説に感じる「媚中体質」 極端に恐れる日本の軍事行動参加 念仏のよう唱える「対話」「協調」「共存」

安全保障に関係する朝日新聞の社説。独特の「体質」を感じる
安全保障に関係する朝日新聞の社説。独特の「体質」を感じる

 米中「対立」問題をめぐる重要会議が、このところ何度か開催された。その際に書かれた、朝日新聞の社説を検証して、以下、重要箇所を紹介する。

 日本と米国、オーストラリア、インドによる戦略的枠組み「QUAD(クアッド)」の首脳会合(3月12日、オンライン)については、同月16日の社説「安定を支える枠組みに」の中で、「南・東シナ海での強引な海洋進出など、既存の秩序に挑む中国の行動を抑えつつ、対話を重ね、協調による共存をめざす。共同声明がうたう『国際法に根差した、自由で開かれ、ルールに基づく秩序』にどう中国を巻き込んでいくか、粘り強い外交努力が求められる」と言う。

 この社説に見られるように、朝日新聞が常に繰り返すのは、「対話」であり「協調」であり「共存」である。

>>続きを読む