中国、幻想の「上げ底経済」で“自滅”!? 香港弾圧やアリババ問題…ビジネスからの離反進む 投資家が注目するのは日本 大原浩氏が緊急寄稿

習政権を支えているのは経済だが…(新華社=共同)
習政権を支えているのは経済だが…(新華社=共同)

 中国の習近平政権は全国人民代表大会で6%以上の経済成長目標を掲げ、2035年までに経済の実力や総合国力を飛躍的に高めると宣言した。超大国化へ自信満々だが、国際投資アナリストの大原浩氏は緊急寄稿で、約40年の冷戦の末に旧ソ連が瓦解(がかい)したように、中国経済も綻(ほころ)びが隠せなくなっていると指摘。投資家は日本に注目しているという。

 ◇

 「中国崩壊論」というのはかなり以前からあって、筆者も2008年に『韓国企業はなぜ中国から夜逃げするのか』(講談社)という本を出版している。

 中国擁護論者は「それ見たことか。いまだに中国は崩壊しないではないか」と言うが、それは誤った判断であると思う。

>>続きを読む