FC2ブログ
202104/13

金正恩の特殊部隊 「ポンコツ」過ぎて中朝国境から撤収

特殊部隊を指導する金正恩氏(朝鮮中央通信2017年8月26日付)
特殊部隊を指導する金正恩氏(朝鮮中央通信2017年8月26日付)

 北朝鮮の国境の守りを担っているのは、国境警備隊だ。ところが昨年8月、「爆風軍団」として知られる朝鮮人民軍第11軍団の兵力が、国境警備のために派遣されるなどし、国境警備兵力が3倍増強された。

 北朝鮮は新型コロナウイルス対策として国境を閉鎖し、これを違法に破る密輸と脱北を以前にも増して厳重に取り締まっている。

 だが、それらで生計を立ててきた地域住民とズブズブの関係にある国境警備隊では、警備が務まらないと考えた当局が爆風軍団を増派したのだ。しかし、最近になって暴風軍団に撤収命令が下されたと、咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

>>続きを読む


スポンサーサイト



202104/13

ケリー氏、訪中でバイデン政権「親中」の馬脚現す? 島田氏「中国が嫌がることをやめようとする動きも」

ケリー特使(右)はバイデン大統領(左)の意を受けて習主席に近づくのか(ロイター)
ケリー特使(右)はバイデン大統領(左)の意を受けて習主席に近づくのか(ロイター)

 ジョー・バイデン米大統領の気候変動問題担当特使を務めるジョン・ケリー元国務長官が今週、中国・上海を訪問すると、米紙ワシントン・ポスト(11日付)が報じた。ケリー氏は「親中派」の大物政治家として知られ、バイデン政権の閣僚級の訪中は初めてとなる。菅義偉首相とバイデン氏の日米首脳会談を16日に控え、バイデン政権は馬脚を現したのか。日本は要警戒する必要がありそうだ。

 バイデン政権は、中国の軍事的覇権拡大や、香港や新疆ウイグル自治区での人権侵害を批判して、対中強硬姿勢を強めてきた。

 アントニー・ブリンケン国務長官は11日放送のNBCテレビの番組で、中国が台湾を軍事侵攻した場合の対応を問われ、米国には防衛支援を約束した台湾関係法に基づく「重大な責務がある」と強調し、「力で現状を変更しようとすることは深刻な過ちだ」と述べ、中国を牽制(けんせい)した。

>>続きを読む


▶世界は今や諜報戦争・・・

 ニュースも何が本当かわからない時代?




202104/13

中国の人権侵害 日本政府が制裁に慎重な背景に二階氏や公明党の存在

提供:NEWSポストセブン 
諸外国は中国制裁に乗り出しているのに…(写真/共同通信社)
諸外国は中国制裁に乗り出しているのに…(写真/共同通信社)

 中国政府が新疆ウイグル自治区で100万人以上のウイグル族を強制収容施設に送り、強制労働や拷問、女性への不妊手術など弾圧を続けているとされる問題について、米バイデン政権は3月30日、「ジェノサイド(民族大量虐殺)が行なわれている」とする調査報告書を発表。

 米、英、カナダと独、仏、伊などEU(欧州連合)は制裁に踏み切り、オーストラリアとニュージーランドも制裁賛成の共同声明を出している。

 ところが、日本政府は口先で「(欧米と)考え方は完全に共有している」(茂木敏充・外相)、「深刻な懸念」(加藤勝信・官房長官)を表明しただけで、G7(主要7か国)の中で唯一、制裁に加わっていない。

>>続きを読む


202104/13

北朝鮮の新潜水艦が完成の報道 3000トン級 弾道ミサイル3発の搭載が可能

2019年の労働新聞に掲載された北朝鮮の潜水艦(コリアメディア提供・共同)
2019年の労働新聞に掲載された北朝鮮の潜水艦(コリアメディア提供・共同)

 韓国の聯合ニュースは11日、複数の韓国政府消息筋の話として、北朝鮮が3000トン級の潜水艦の建造作業を終え、進水式の時期を探っていると米韓情報当局がみていると報じた。

 韓国軍や情報当局は潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)3発を搭載可能と判断。消息筋は「北朝鮮が米国への圧迫の極大化など、戦略的効果を狙って進水式のタイミングを計っている」との当局の見方を明かした。進水式で公開後、潜水艦からSLBMを発射する可能性もあるとしている。

 北朝鮮東部・新浦の造船所にある大型の建物内部で旧式の「ロメオ級」を改造したもので、全幅7メートル、全長80メートル前後とみられるという。聯合によると、北朝鮮は3000トン級のほかにも4000~5000トン級と推定される中大型の潜水艦1隻も建造中で、新型SLBMが搭載される見通し。 (共同)

202104/13

小学校から「男子用小便器」が消滅? プライバシー尊重が理由

提供:NEWSポストセブン 
令和の小学校で変わるモノとは?(イメージ)
令和の小学校で変わるモノとは?(イメージ)

 全国の公立小学校で入学式のピークを迎えている。コロナ禍の入学式は、校庭開催や来賓なしでの開催など、その様相を大きく変えた。ただ、それのみにとどまらず、令和の学び舎では保護者も驚く異変が次々と起きていた--。

 昔は情操教育の一環で、小学校ではウサギや鶏などを飼っていた。しかし、令和の小学校では、その飼育小屋が消えつつあるという。

 「動物アレルギーの子がいますし、長期休みの当番で揉めることもある。繁殖して増えると、飼育小屋でおさまらなくなって、引き取り先もない」(千葉県の小学校教員で教員向けの著書などが多数ある城ヶ崎滋雄氏)

>>続きを読む


▶大丈夫か🗾・・・



202104/13

【沖縄が危ない!】県民は中国の尖閣暴挙に抗議せよ! 外国人観光客依存経済は完全破綻 コロナは対中関係の抜本的見直しの好機

 新型コロナウイルスの感染拡大後、沖縄から外国人観光客の姿が消えた。観光を基幹産業とする沖縄にとって、疫病の蔓延(まんえん)は県民生活を根底から揺るがす天変地異のような出来事だった。

 沖縄には新型コロナ流行前の2019年、1000万人を超す観光客が訪れ、このうち中国本土や香港からは約百万人が来県していた。1年ほど前まで、沖縄本島の有名な観光地やショッピングセンターに行くと、集団で練り歩く中国人観光客と日常的に遭遇したものだ。

 中国人観光客の多さは、県の政策も影響している。

>>続きを読む


202104/13

【朝日新聞研究】もっと大きく取り上げるべきでは 慰安婦問題“当事者”のラムザイヤー論文報道の小ささと31年前の紹介記事

ラムザイヤー教授の論文問題を報じる3月11日の記事(左)と、1990年12月21日の紹介記事(右)
ラムザイヤー教授の論文問題を報じる3月11日の記事(左)と、1990年12月21日の紹介記事(右)

 米ハーバード大学ロースクールのジョン・マーク・ラムザイヤー教授が、慰安婦問題について性奴隷説を否定する論文を発表した。それに関して、韓国や米国で大騒ぎになっていることは、産経新聞の久保田るり子編集委員が2月21日の紙面で詳しく報じていた。夕刊フジも、リレー連載「『慰安婦』問題の現在」(3月29日~4月3日)で伝えていた。

 この論文について、朝日新聞がいつ取り上げるかと期待して待っていた。何しろ朝日新聞は、慰安婦問題において、紛れもない「当事者」であるからである。

 3月11日になってやっと報じているのだが、それは日本の歴史研究者などの学術3団体と1つの市民団体が「先行研究を無視している」などとして、撤回を求める緊急声明を出したというものだった。

>>続きを読む


202104/13
産経ニュース

小室さん、解決金渡す意向 母の元婚約者側に

夕刊フジ写真 小室さん、説明文書を公表
 小室圭さん
 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまの婚約内定相手、小室圭さん(29)の代理人弁護士の上芝直史(うえしば・なおじ)氏が12日、都内で産経新聞などの取材に応じ、週刊誌などで報じられている小室さんの母親と元婚約者の男性との「金銭トラブル」について、小室さん側が今後、男性側に解決金を渡す意向であると明らかにした。
 上芝氏は、小室さんが8日に公表した文書で、「トラブルに対する自分たちの認識を明らかにできた」と考えていると説明。これまで、話し合いをせずに、金銭を渡すことで解決する選択を取らない方針をとってきたが、男性とのやりとりが途絶えている状況で、問題解決に向けた「次のステップ」に進むとした。
 小室さんは文書で、解決金について、「お互いが納得できた場合には、解決案の1つとしてご提案する」ことを考慮していたものの、男性との話し合いが進まなかったことから、提案には至っていなかったとしていた。

▶何を今頃、今更・・無責任この上なし
 こんな男を殿下と呼んでいいのか!!

【小室文書】徹底解説その①~判明!小室圭さんにとって何よりも大切な事とは?~|竹田恒泰チャンネル2




 
 

【小室文書】徹底解説その③~もらったお金です!小室圭さんが『借金じゃない!』にトコトンこだわるその訳は・・・~|竹田恒泰チャンネル2











【竹内久美子】小室圭“殿下”なんてあり得ないッ!【WiLL増刊号#478











眞子様ヘンリー王子!?国家を揺るがすサイコパス彼氏彼女の脅威。その技術は工作員を越える。






202104/13

淡路人形浄瑠璃と阿波踊り「夢の競演」へ 兵庫・南あわじ

淡路人形浄瑠璃と徳島阿波踊り
淡路人形浄瑠璃と徳島の阿波踊りの競演をアピールする関係者ら=兵庫県南あわじ市
 兵庫県南あわじ市の淡路人形座で12日、淡路人形協会の正井良徳理事長らが記者会見し、同市の市文化体育館元気の森ホールで7月17、18の両日、淡路人形浄瑠璃と徳島の阿波踊りが競演する舞台を開くと発表した。明治維新後に徳島藩の領地だった淡路島が兵庫県に編入されて以降、両地域の伝統芸能が競演するのは異例といい、経済や文化の広域的な交流を通じて地域創生を図りたいとしている。
 舞台は「初顔合わせ」や「夢の競演」とアピール。同協会が主催し、阿波踊りの鳴り物担当者らのグループ「藍吹雪」を招く形で開く。淡路人形座が三味線や人形浄瑠璃、藍吹雪が三味線と阿波踊りを披露する。
>>続きを読む

202104/13
産経ニュース

【地方移住ナビ】群馬県高山村 小さな村で小さなビジネス

地方移住ナビ高山村
昨年5月、有機栽培米の田植えに参加した飯塚咲季さん(右端)
 高山村は田園風景がひろがる人口約3600人の小さな村で、スーパーマーケットやチェーン店も少なく、小さなビジネスに取り組みやすい環境にあります。
 現在、私自身も「カエルトープ」という雑貨店を家族で運営しながら、自然の中で畑や森づくりを通して、みんなで助け合い暮らすコミュニティーづくりをしています。また、村内では有機農業も盛んに行われており、昨年は2人の新規農業者が研修を経て有機農家として独立しました。
 先輩移住者の声を聞くと、自然の中で安心して子育てできる環境にひかれて移住してきた、子育てしやすい制度や環境が整っていて助かる、という声をよく耳にします。コンパクトだからこそ、村民の声が行政に届きやすく、また何かを始めれば村の第一号にもなれます。
 自然豊かでコンパクトなこの村は、生き方や暮らし方を変えたい人、ビジネスに挑戦したい人にはもってこいの村です。(高山村移住・定住コーディネーター 飯塚咲季)
 高山村の詳細は「#たからのやまたかやま」で検索。高山村のたからものをみることができる。Instagramは、Living-scape Takayamaのアカウントへ。