FC2ブログ
202010/31

【皇室ウイークリー】(665)両陛下、創建100年でご参拝 愛子さま、大学に初めてご通学

ウイークリー 【毎日新聞代表撮影】明治神宮鎮座百年祭
創建100年を迎える明治神宮を参拝される天皇陛下=28日午前、東京都渋谷区
 天皇、皇后両陛下は28日、創建から100年を迎える明治神宮(東京都渋谷区)を参拝された。両陛下に続き、上皇ご夫妻と秋篠宮ご夫妻もご参拝。上皇ご夫妻は参拝後、明治天皇の后(きさき)、昭憲皇太后が儀式の際などに着用し、現在修復中の「大礼服」を展示している明治神宮ミュージアムを訪問された。
 ミュージアムの黒田泰三館長によると、ドイツ製と考えられてきた大礼服が、修復の過程で日本製の可能性が高まったと説明すると、上皇さまは「当時の技術で作るのは大変だったでしょうね」と述べられたという。
 大礼服は明治44年に皇室と縁の深い尼門跡(あまもんぜき)寺院「大聖寺(だいしょうじ)」(京都市)に下賜(かし)され、平成30年から寺と神宮、中世日本研究所(同)を中心に修復が進められている。側近によると、上皇后さまは同研究所の名誉所長でもある米コロンビア大のバーバラ・ルーシュ名誉教授と親交があり、活動に感謝されているという。
>>続きを読む
スポンサーサイト



202010/31
産経ニュース

隨心院で如意輪観音坐像の御開帳法要、京都

「隨心院の重文指定された如意輪観音」(1)
重要文化財指定を記念して特別公開される如意輪観音坐像=京都市山科区の隨心院
 小野小町ゆかりの寺として知られる隨(ずい)心(しん)院(京都市山科区)で30日、9月に国の重要文化財に指定された本尊、如意輪観音坐像の特別公開が始まった。これまでも春と秋に公開されてきたが、今年は新型コロナウイルスの影響で春は中止となり、約1年ぶりの公開となる。
 29日には、公開に先立ち、本堂で開帳法要が営まれた。亀谷英(えい)央(おう)門跡(58)が導師を務め、重文指定を祝う慶(けい)讃(さん)文(もん)には、新型コロナ収束を祈願する文言も盛り込まれた。
 如意輪観音坐像は、鎌倉時代作で、像高96・3センチ。意志を感じさせる表情が特徴的で、運慶の次世代の作風を表しているという。
 亀谷門跡は「自分の気持ちがすさんでいると怖い顔、ウキウキしていると優しい顔に見える。観音様は自分を映す鏡なので、素直な気持ちで拝んでほしい」と話した。
 特別公開は11月30日まで(午前9時~午後4時半)、高校生以上500円、中学生300円。11月20~29日の境内のライトアップ期間中(午後6時~8時半)も拝観可能で、高校生以上700円、中学生400円。
202010/31
産経ニュース

「旅するチョウ」アサギマダラ、静岡・下田のホテルに群れ飛来

下田市にアサギマダラ飛来1
蜜を吸うためフジバカマにとまったアサギマダラ=下田市の下田セントラルホテル(同ホテル提供)
 日本列島を縦断し台湾周辺にも渡ることから「旅するチョウ」と呼ばれる、アサギマダラの群れが静岡県下田市のホテル敷地内に飛来し、美しい姿が観光客や地元の人々らを楽しませている。
 群れが来ているのは、同市相玉の下田セントラルホテル内にあるフジバカマ園。羽の浅葱色(あさぎいろ=薄い藍色)が名前の由来で、羽を広げた大きさは約10センチ。夏に北上し秋には南下する。
 園を管理する「下田アサギマダラの会」の土屋茂会長(71)によると、群馬県などから下ってきた個体が来ているとみられる。市内には以前から来ていたがフジバカマ園を設けたところ、3年前から最大時は100匹以上の群れとなった。伊豆半島で産卵することもあるという。
 同会によると、敷地では例年11月10日ごろまで群れがみられる。問い合わせは事務局の同ホテル(0558・28・1126)。
202010/31

組織改革模索も…学術会議の「焼け太り」許すな! 「民営化」や「廃止」の声も 島田洋一教授「大半が予算増要求につながる」

日本学術会議を視察する井上信治科技相(右)。左は梶田会長=29日
日本学術会議を視察する井上信治科技相(右)。左は梶田会長=29日

 菅義偉首相が、日本学術会議の新会員候補6人の任命を見送ったことをめぐり、梶田隆章会長は29日、記者会見を開いた。政府・自民党が学術会議のあり方について検討するなか、会議側も組織改革を模索しているが、「組織の焼け太りを許しかねない」と懸念する識者もいる。

 梶田氏は注目の会見で、「6人の任命を拒否されたことは青天の霹靂(へきれき)とでもいうべき事態だ」「(会員候補者105人のうち6人の任命が見送られたことで)会議の活動の著しい制約となっている」などと語り、6人の任命を改めて政府側に求めた。

 ただ、日本学術会議は年間約10億円もの税金が投入されながら、日本学術会議法に基づく政府への勧告は、2010年8月の科学技術基本法の見直しなどについて行われたのが最後だ。6人の任命見送りより、根深い問題が指摘されている。


>>続きを読む

202010/31

元徴用工問題で韓国「誠意見せろ」と異常な主張 まるで反社、日韓局長級協議 

韓国外務省庁舎を訪れた滝崎局長=29日(聯合=共同)
韓国外務省庁舎を訪れた滝崎局長=29日(聯合=共同)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、いわゆる「元徴用工」問題で、異常な主張を展開した。日韓間の請求権は、1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的」な解決を確認しているのに、ソウルで29日に開かれた日韓局長級協議で、「誠意を見せろ」と迫ってきたのだ。まともな国家とは思えない。

 日本外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長と、韓国外務省の金丁漢(キム・ジョンハン)アジア太平洋局長の会談は約3時間行われた。

 滝崎氏は、日本企業の資産現金化に反対したうえで、「日本側にとって受け入れ可能な解決策」を早期に示すよう、韓国側に強く求めた。

 これに対し、金氏は「日本政府と被告企業が問題解決に向け、より誠意ある姿勢を見せる必要がある」と、日本では反社会的集団が使用するようなセリフを披露した。

 菅義偉首相は26日の所信表明演説で「健全な日韓関係に戻ることができるよう…」と語ったが、とても無理だ。

202010/31

習近平主席が激賞した中国企業 日本企業の情報窃取していた

提供:NEWSポストセブン 
中国企業による産業スパイ事件?
中国企業による産業スパイ事件?

 積水化学工業の元社員が10月13日、自社技術の機密情報を中国企業に漏らし、不正競争防止法違反容疑で書類送検された。一方、送検前日となる12日の午後には、習近平中国国家主席が情報を受け取っていた広東省潮州市の中国企業本社を視察し、「技術や製品の自主開発力に優れ、絶えず技術を向上させ、国際協力を高めている」などと激賞していたことが明らかになった。

 日本メディアが14日、大阪府警による元社員の送検の事実を報道すると、中国側は積水化学の技術を盗用したことについて報道管制を敷いたという。この中国企業は通信機器部品メーカー「潮州三環グループ」。昨年の中国電子部品業界100強ランキングで9位と毎年上位に入り、研究開発者は2000人以上を擁し、独自の技術開発力の高さで知られる。

>>続きを読む

202010/31

【有本香の以読制毒】トランプ氏勝利で予想を外したら…“米国専門家”は「看板」降ろせ! 日本に跋扈するデュープスの害悪

菅首相は所信表明演説で、日本学術会議の問題に触れなかった=26日、衆院本会議場
菅首相は所信表明演説で、日本学術会議の問題に触れなかった=26日、衆院本会議場

 「ラジカル(急進的、過激な)左派や社会主義者は、われわれの国にとって悪だ」

 ドナルド・トランプ米大統領は、自身の再戦を賭けた選挙戦の演説で、複数回こう言明した。冷戦終結から約30年がたった今の米国で、現役の大統領がこうもはっきりと「左翼の脅威」を言う日が来るとは、数年前には夢にも思わなかった。トランプ氏のこの言葉は、今年、米全土で吹き荒れた「ブラック・ライブズ・マター(BLM=黒人の命は大切だ)」運動に憑依した、左派の暴動の激しさの相対だとも言える。

 一方、わが国の菅義偉首相はというと、日本学術会議会員の任命見送りの理由すら口にできずにいる。勘のいい国民はすでに、今回の任命見送りが、日本学術会議を日本共産党の影響下から解放し、政治的に自由にするための策だったと気づいているが、日本の首相や官房長官はそれを言えない。だから世論調査ではまだ「説明が十分でない」という国民が多数を占める結果となってしまっている。

 「左の脅威」ということでいうなら、米国はほとんど心配いらない。

>>続きを読む

202010/31

【緊迫する世界】米中“開戦前夜”の緊迫状況! 米大統領選に向け台湾海峡めぐり軍事衝突の懸念 菅政権は「ともに戦う覚悟」できるか

米原子力空母「ロナルド・レーガン」(米海軍提供、ロイター)
米原子力空母「ロナルド・レーガン」(米海軍提供、ロイター)

 米大統領選(11月3日投開票)が佳境を迎えるなか、共産主義と自由主義が対峙(たいじ)する台湾海峡が緊迫している。中国の習近平国家主席は「戦争準備」とも受け取れる過激な発言を繰り返し、中国人民解放軍は9月中旬以降、台湾の防空識別圏に連日のように軍用機を侵入させている。台湾の対岸には、新型弾道ミサイルを実戦配備したという。世界最強の米軍も一歩も引かない構えだ。これらの動きをどう見るか。拓殖大学海外事情研究所所長、川上高司氏が緊急連載「緊迫する世界」で迫った。

 ◇

 米中は現在、台湾海峡を挟んで開戦前夜といえる緊迫状況にある。

 台湾の中央通信社が運営する日本語サイト「フォーカス台湾」は27日、中国軍機による台湾の防空識別圏への侵入が、活動を活発化させた9月16日以降で24回目になったと報じた。

>>続きを読む

202010/31

朝鮮学校が敗訴 高校無償化で 福岡高裁


202010/31

NHKで日本学術会議を批判 百地章が論破