FC2ブログ
202006/30

【長谷川幸洋】2020年6月30日(火) 飯田浩司のOK! Cozy up

スポンサーサイト



202006/30

産経ニュース


尖閣周辺に中国船 77日連続

夕刊フジ写真 尖閣諸島
手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄・尖閣諸島(鈴木健児撮影) 
 沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で29日、中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは77日連続。平成24年9月の尖閣諸島国有化以降で、最長の連続日数を更新した。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、1隻は機関砲のようなものを搭載。領海に近づかないよう巡視船が警告した。


【守るぞ尖閣】
民間の力で唯一の実効支配を証明~石垣海人・尖閣漁業で大漁!安倍総理、二階幹事長、是非、尖閣の美味しい魚を食べてください![桜R2/6/22]  



202006/30

産経ニュース


国内感染新たに110人 死者の発表なし

敵は友、友は敵である
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 国内では29日、新たに110人の新型コロナウイルス感染が確認された。累計は1万8576人となった。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員を含めると1万9288人。新たな死者の発表はなく、累計は985人。
 東京都は、21日に発表した感染者数に誤りがあったとして累計を1人少なくするよう訂正した。


202006/30

【現場から】商店街「コロナに負けた。今日で閉店です」 サポート届かぬ人々も

谷中、小川宏さん
谷中銀座で喫茶店「カフェ ア・ラ・パパ」を営む小川宏さん=27日、荒川区西日暮里

 「コロナに負けました。今日で閉店です」
 東京都台東区と荒川区にまたがる商店街「谷中銀座」で、洋服店を6年間営んできた店主の男性(72)は、力なく話した。新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の解除から約1カ月が過ぎた27日。食べ歩きや、総菜を買い求める客の行列が見られ、商店街がにぎわいを取り戻しつつあるにもかかわらずだ。

 がらんとした店内で黙々と片づけをする老夫婦。男性によると、通りを歩く人は増えたが、店に客が入ってこないという。人々の消費行動は元に戻ってはいない。1人10万円の国の特別定額給付金は申請したがまだ入金されず、事業主を救済する「持続化給付金」については「これはだめだ、この書類が必要だと言われ、理解できないからあきらめるしかなかった。泣き寝入りです」。

 同じ谷中銀座の喫茶店「カフェ ア・ラ・パパ」(荒川区西日暮里)を営む小川宏さん(72)は、売り上げが落ちて店の維持費に悩まされていたが、持続化給付金の申請が通り、支給された。「一緒に働く娘や青色申告会の助けを借りて申請を出すことができた。自分一人では難しかったと思う」と振り返る。

>>続きを読む

202006/30

【移住のミカタ】福島県葛尾村 人間温かく 子育て環境充実

移住のミカタ画像(1)
葛尾村の若手が集まる親睦会で餅をつく米谷量平さん(左)

 阿武隈山地のほぼ中央に位置する葛尾(かつらお)村。前職の新聞社を退社し、令和の訪れと同じ令和元年5月から葛尾村で働き始めました。

 4年間、記者として原発事故に伴う避難指示の解除前後を伝え続けました。誰もいない「無機質」だった土地が、避難指示解除によって人が増え、息を吹き返す姿を目撃し、「この土地の再生を見届けたい」との思いで移住を決めました。

 葛尾村は緑が豊かで、人間も温かく心が和む土地柄です。0歳~15歳のいる家庭には、1人につき月2万円を給付する「みらい子ども助成金」があり、幼稚園と小中学校はほぼ学費がかからないなど、子育て環境の充実に力を注いでいます。新たに事業を始めた人も多く、前向きな地域へと変化してきています。

 葛尾むらづくり公社では空き家空き地バンクの運営に加え、移住希望者に村の暮らしを知ってもらう「オーダーメードツアー」を実施する予定です。連絡頂ければいつでも対応しますのでぜひ遊びに来てください。(葛尾むらづくり公社事務局長代理 米谷量平)

メモ JR東京駅から東北新幹線でJR郡山駅まで約1時間半、同駅から車で約1時間。福島空港からは車で約1時間10分。問い合わせは葛尾むらづくり公社(0240・23・7765)。


202006/30

大村知事降ろし大盛況! 高須院長&河村市長がリコール呼びかけ「愛知県民は英雄になれます」 地元メディアに対する批判も

大村知事のリコールを呼びかける高須院長(左)と名古屋市の河村市長(右)
大村知事のリコールを呼びかける高須院長(左)と名古屋市の河村市長(右)

 愛知県の大村秀章知事への解職請求(リコール)運動をアピールするため、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は28日、名古屋市の河村たかし市長とともに、市内の繁華街でキャンペーンを展開した。大村氏は、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展で、昭和天皇の写真をバーナーで焼き、その灰を足で踏み付けるような映像作品などの公開を認めた。高須、河村両氏の「大村氏NO」の訴えに、声援を送る県民も多かった。

 「みなさんが選んだ人が間違っていたら、リコールする権利はみなさんにある。本当の力を持つのはみなさんだ。実現すれば、愛知県民は日本の民主主義の英雄になれます」


 高須氏は同日午後、名古屋市中区の大須商店街でこう呼びかけた。


>>続きを読む



202006/30

バッタ襲来にドローンも投入し殺虫剤散布 ニューデリーで厳戒態勢

インドの空をバッタが覆う(AP)
インドの空をバッタが覆う(AP)

 インドの首都ニューデリー近郊グルガオンに27日、バッタの大群が襲来し、一部が首都に到達した。デリー首都圏政府は緊急会合を開き、厳戒態勢を取ることを確認。住民にドアや窓を閉め、戸外に置いた植物をシートで覆うよう注意を呼び掛けている。


 インド政府は職員200人以上を投入し駆除を急いでおり、小型無人機ドローンも使って殺虫剤を散布。農作物への被害を食い止めたい考えだ。


 政府によると、バッタは26日に西部ラジャスタン州から首都に隣接するハリヤナ州に移動。日中に飛んで移動し、暗くなると休むため、夜を徹して駆除作業が行われた。しかし27日朝に再び移動が始まり、日本人も多数暮らすグルガオンでは昼ごろ、数キロに及ぶ群れにより空が暗くなったとPTI通信が報じた。(共同)


202006/30

コロナ苦境で配給停止…「金正恩エリート」に餓死の恐怖

慈江道にある軍需工場、江界トラクター総合工場を視察する金正恩氏(2019年6月1日付朝鮮中央通信)
慈江道にある軍需工場、江界トラクター総合工場を視察する金正恩氏(2019年6月1日付朝鮮中央通信)

 北朝鮮当局は、首都・平壌の市民に対する食糧配給が今年3月を最後に止まってしまったことを重く見て、様々な対策に乗り出している。最も優遇されている平壌市民ですらこの有様ということは、地方の状況は推して知るべしだろう。


 (参考記事:金正恩が焦る平壌の食糧難…解決策は「市民追放」

 一般住民のみならず、平壌市党(朝鮮労働党平壌市委員会)、市内にある政府機関に勤める幹部に対する食糧配給も、3ヶ月前から途絶えていると、米政府系ラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じている。


>>続きを読む


202006/30

金正恩「秘密の家系図」が北朝鮮国内で拡散、当局緊張

金正恩夫妻とモランボン楽団
金正恩夫妻とモランボン楽団

 北朝鮮北部、両江道(リャンガンド)の恵山(ヘサン)の市民の間では最近、「白頭の血統家系図」なるものが拡散している。


 「白頭の血統」とは金正恩党委員長につながる金氏一族のことを指すが、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)の現地の情報筋は、その家系図の内容を次のように説明した。


 「金日成主席と金正日総書記には複数の夫人がいて、金正恩氏は金正日氏の正妻ではなく妾との間で生まれた3番目の息子で、事実上『白頭の血統』とは程遠い」


 この「妾」とは、大阪出身で1962年に北朝鮮に帰国した在日朝鮮人の高ヨンヒ氏のことで、1970年から金正日氏と同棲生活を始め、金正哲(キム・ジョンチョル)、金正恩、金与正(キム・ヨジョン)の3人の子の母となった。


>>続きを読む


202006/30

緊縮の牙城「東京財団政策研究所」嘘だらけの消費減税「反対」運動

[三橋TV255回]三橋貴明・高家望愛