FC2ブログ
201908/31

韓国・文政権が「対日世論工作」強化画策 来年度予算3倍確保へ

文在寅大統領(韓国大統領府提供・共同)
文在寅大統領(韓国大統領府提供・共同)


 日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を一方的に決定するなど「反日」暴走が止まらない韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、「対日世論工作」や「国際世論戦」の強化を画策していることが分かった。韓国外務省が来年度、大幅な予算拡大を狙っているという。


 中央日報(29日、日本語版)によると、対日外交強化予算は、「韓日新時代複合ネットワーク構築事業」という名目で、日本にある韓国公館が講演会などを開くための予算だという。何と、今年度の3・3倍の51億ウォン(約4億5000万円)を確保する意向とされる。


>>続きを読む


スポンサーサイト



201908/31

韓国協定破棄を米軍制服組トップが猛批判「2国間の情報共有に勝るものない」 米大使が韓国軍OB会ドタキャンも

韓国への失望を隠さないダンフォード統合参謀本部議長(右)とエスパー国防長官(AP)
韓国への失望を隠さないダンフォード統合参謀本部議長(右)とエスパー国防長官(AP)


 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、米国を本気で怒らせたようだ。日米韓の安全保障の基盤である、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を文政権が勝手に決定したことに、米軍高官が相次いで韓国批判を発信したのだ。文大統領は相変わらず、協定破棄の原因は日本にあると言わんばかりの暴言を繰り返しているが、足元の米韓同盟は崖っぷちに立たされている。


 「日米韓には、他にも情報共有の手段はあるが、(日韓の)2国間の強力な情報共有の協定に勝るものはない」

 米軍制服組トップ、ジョセフ・ダンフォード統合参謀本部議長は28日、国防総省での記者会見で、GSOMIA破棄決定に関し、こう述べた。


>>続きを読む



201908/31

香港「雨傘運動」リーダーを拘束 6月の警察本部包囲と関係か

拘束された黄氏(左)と周氏(AP)
拘束された黄氏(左)と周氏(AP)

 2014年の香港大規模民主化デモ「雨傘運動」の元リーダーの黄之鋒氏(22)と、運動を主導した学生団体元幹部の周庭氏(22)が30日朝、香港警察に相次いで拘束された香港メディアは「逃亡犯条例」改正案を巡る6月の警察本部包囲デモに関連し、無許可集会への参加を扇動した容疑などで拘束されたと伝えた。


>>続きを読む


201908/31

【有本香の以読制毒】日本はすがりつく韓国を敢然と振り切れ! 今こそ「勇気ある無視」必要 学ぶこと多い台湾の“中国離れ”

台湾の街は、蔡総統の「中国頼み」脱却作戦でインバウンドが増加した
台湾の街は、蔡総統の「中国頼み」脱却作戦でインバウンドが増加した


 「韓国の言うことに振り回されているのは、時間の無駄でしょ」

 こんな率直な正論が意外なところで聞かれた。


 筆者は25日から台北に来ている。昨年に続き、市内の複数の大学で講義するのが主目的だが、合間に街歩きや美食を楽しみ、さらに蔡英文総統の出身政党、民主進歩党の本部を訪ねたり、複数の台湾当局関係者と面会したりして過ごした。


 台北を歩いてみて感じる、昨年との大きな違いは、中国人観光客の姿がないことだ。中国政府が8月1日、台湾への個人旅行を禁止したからである。この策は蔡氏が米国から兵器を購入したことなどへの報復だと日本では報じられた。

 だが、実のところ、それだけとはいえない。


>>続きを読む


201908/31

被害続出の「CA盗撮」 容疑者自白でも処分保留になる事情

提供:NEWSポストセブン 
機内盗撮の手口は年々、巧妙化(写真はイメージ)
機内盗撮の手口は年々、巧妙化(写真はイメージ)


 ジャンプシートから上半身をひねって指示を出す女性のスカートの中。3列シートの奥にコーヒーを手渡すキャビンアテンダント(以下、CA)の胸を下から舐めるように映した動画--。ネット上の盗撮動画販売サイトには〈客室乗務員〉と冠された映像が大量に出回っている。


 8月5日、航空業界の労組・航空連合が〈機内における「盗撮・無断撮影行為」の実態〉についてのアンケート結果を公表した。現役客室乗務員1623人のうち約6割が、盗撮・無断撮影行為にあったことが「ある/あると思う」と回答したのである。


 「機内サービスの最中に、おかしな動きをしている人は少なくありませんが、もっとあからさまなこともありました」


>>続きを読む



201908/31

首都圏も油断禁物!「水没」危険な街リスト 八重洲、田園調布、国会議事堂駅周辺も…ゲリラ豪雨に注意

浸水した佐賀県武雄市の市街地
浸水した佐賀県武雄市の市街地


 九州北部を襲った記録的な豪雨では、各地で浸水や車が流されるなどの深刻な被害が出た。首都圏や関西圏も油断は禁物だ。専門家はあの超高級住宅街や多くの人が集まる繁華街、日本の中枢もゲリラ豪雨で水没する恐れがあるという。「想定外の災害も発生しやすい」として警戒を呼びかけている。

 前線に湿った空気が流れ込んで線状降水帯が形成された28日の九州北部では、多いところで1時間に100ミリを超す猛烈な雨が降り、佐賀、福岡両県で3人が死亡、1人が意識不明の重体、1人が行方不明になった。


 佐賀県大町町の病院は冠水で孤立。近くの鉄工所から流出した油の混じった水が入り込んだ。


>>続きを読む



201908/31

【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】北海道胆振東部地震から1年 今も課題の「震度」情報

胆振東部地震の厚真町の土砂被害。こうした地域の震度情報も入電されないこともあるという
胆振東部地震の厚真町の土砂被害。こうした地域の震度情報も入電されないこともあるという


 北海道胆振(いぶり)東部地震から来月の6日で1年。マグニチュード(M)は6・7、最大震度は7だった。北海道全域でブラックアウト(停電)が発生した。不意打ちで、いままでに地震が起きたことが知られていなかったところだった。


 震度7は2016年4月の2つの熊本地震以来2年半ぶりだった。震度7はこの地震以後はない。

 現地は過疎地だが、厚真(あつま)町では土砂崩れに巻き込まれた36人が死亡するなど、死者42人を出した。


 この地震で目立ったことは火山灰地の崩落だった。崩壊した面積は明治以降で日本最大だった


>>続きを読む


201908/31

【対韓 最後通牒】馬鹿げている韓国「東京五輪ボイコット」 難クセを付けるなら来ない方がいい 日本は歴史認識で媚びず淡々と

ソウルの日本大使館前で「東京五輪ボイコット」を訴えるデモの参加者(AP)
ソウルの日本大使館前で「東京五輪ボイコット」を訴えるデモの参加者(AP)


 韓国には「東京五輪をボイコットすべきだ」という声がある。そうすれば日本が困るだろうから、無理を言っても通る-と勘違いしているらしい。また、日本にもことなかれ主義でボイコットを恐れる関係者もいるし、逆に安倍晋三首相の失点になると期待している愚かな者もいる。

 しかし、別にどうでもいいことだ。


 もちろん、平和の祭典なのだから、ボイコットなど馬鹿げている。平昌(ピョンチャン)冬季五輪にも、日本は不愉快なことは多かったのに参加した。相互主義の観点からも失礼だが、来てほしいから媚びる話ではない。トラブルメーカーの親戚が、結婚式や法事に来ないといえば、「それは残念ですね」というだけで強いて出席を求めないのと同じだ。


>>続きを読む



201908/31

ミサイル開発どころじゃない…北朝鮮「ドロボー軍隊」悲惨な内情

朝鮮人民軍の第1524軍部隊を視察した金正恩氏(2018年6月30日付朝鮮中央通信)
朝鮮人民軍の第1524軍部隊を視察した金正恩氏(2018年6月30日付朝鮮中央通信)


 一般的に社会問題のしわ寄せは、その国の最も弱い階層のところに行く。ところが、奇妙なことに北朝鮮では、強者であるはずの朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士が、そのしわ寄せに苦しめられている。彼らにとって喫緊の課題は、新型ミサイルの開発でもなければ、軍事訓練でもない。いかにして食べ物にありつくかということだ。


 両江道(リャンガンド)のデイリーNK情報筋は、朝鮮人民軍兵士によるこんな事件を伝えた。

 事件が起きたのは今月7日のこと。朝鮮人民軍252旅団3大隊1中隊1小隊2分隊に所属する兵士が、金正淑(キムジョンスク)郡新上里(シンサンリ)にある農場の畑に忍び込み、トウモロコシを盗もうとしていた。


>>続きを読む



201908/31

韓国・文大統領「歴史問題を経済問題に絡めた」 竹島問題にも言及、対日強硬姿勢を鮮明に

閣議で日本を痛烈に批判した韓国の文在寅大統領(中央)=29日、ソウル(AP)
閣議で日本を痛烈に批判した韓国の文在寅大統領(中央)=29日、ソウル(AP)


 【ソウル=名村隆寛】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日、臨時閣議を開き、「日本は経済報復の理由すら正直に明かさず、根拠なくその都度、言葉を変え、経済報復を正当化しようとしている。日本は正直にならねばならない」と批判。日本政府が28日、輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国」から韓国を除外したことへの強い不満を暗に示した。


 文氏は「どんな理由で弁明しようが、日本が歴史問題を経済問題に絡めたことは間違いない」と述べ、日本の措置が、いわゆる元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決などへの“経済報復”であるとの見方を強調した。


>>続きを読む