FC2ブログ
202105/13

任期1年を切った文大統領の寒々な“お粗末閣僚人事” 悪事を暴かれるたびに「反日」で免罪要請する閣僚たち…中には「論文盗作疑惑」の科技相も

文大統領は10日、青瓦台で就任4年の演説を行った(韓国大統領府提供・共同)
文大統領は10日、青瓦台で就任4年の演説を行った(韓国大統領府提供・共同)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、「持ち駒」をすっかり使い切ってしまったようだ。4月のソウル、釜山(プサン)の両市長選挙での「与党候補の惨敗」を受けて断行した大統領府の参謀陣と内閣の改造人事が、それを物語っている。

 とりわけ、首相を筆頭とする新閣僚はお粗末。彼らは国会の人事喚問で過去の悪事を暴かれるたびに弁解を重ねつつ、最後には「日本には強硬に当たります」と免罪の要請をする。政策課題の解決よりも「反日」優先-日本から見たら「相手にできない内閣」でしかない。

 大統領府の参謀陣は大統領の指名で決まるが、閣僚の場合は事前に国会で人事喚問を受ける。慣例では野党の同意が必要だが、文政権はこれまでも野党の同意を得ないままの強行任命を重ねてきた。

>>続きを読む


スポンサーサイト



202105/13

韓国で増え続けるコロナ廃業の悪夢

明洞や梨泰院、江南など繁華街で増える空き店舗が示すこと
2021.5.13(木)田中 美蘭

    https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/2/7/1200mw/img_273082a61ad7a13b10189812529ca897443318.jpg 2x" class="lazy not-trans loaded" width="600" height="450" srcset="https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/2/7/600mw/img_273082a61ad7a13b10189812529ca897443318.jpg 1x,https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/2/7/1200mw/img_273082a61ad7a13b10189812529ca897443318.jpg 2x" data-was-processed="true" pinger-seen="true" style="border-style: none; vertical-align: top; opacity: 1; transition: opacity 0.5s ease 0s;">閑古鳥が鳴くソウル・明洞

     新型コロナの世界的な感染拡大が始まって1年が過ぎた。当初は「数カ月以内には」「年内には」など収束を楽観視する声が多く聞かれたが、韓国の感染者数は現在進行系で増え続けている。

     ワクチン接種についても、アストラゼネカ製ワクチンの副反応を巡る問題やワクチン確保の問題に直面しており、政府が当初、掲げていた「秋まで集団免疫を獲得する」という目標も、もはや絶望的という見方が広まっている。

     その中で、ジワリジワリと感じられるのが経済の悪化による廃業ラッシュだ。筆者の身近でも感じられるようになっている。

    >>続きを読む


    202105/12

    文在寅氏が朴前大統領らの赦免に含み 保守支持層の分断狙い危険な賭け、退任後の“保身”も

    赦免について言及した文大統領=10日(聯合=共同)
    赦免について言及した文大統領=10日(聯合=共同)

     任期が残り1年となった韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、実刑が確定し収監されている朴槿恵(パク・クネ)前大統領や李明博(イ・ミョンバク)元大統領の赦免を総合的に判断する考えを示唆した。

     文氏は就任4年に際した10日の演説や記者会見で「前任大統領が収監中ということ自体が国家として実に不幸なこと」と発言。赦免について「今は話す時期ではない」とした1月の記者会見時よりも含みを持たせた。

    >>続きを読む


    202105/07

    韓国外相「反日」暴挙“無反省” 茂木外相がG7で滞在中の英で会談 米は「親中」文政権を警戒 「今後の“捏造”発言に警戒」室谷氏

    茂木氏(写真)と鄭氏は外相会談を行ったが、平行線だった=5日、ロンドン(共同)
    茂木氏(写真)と鄭氏は外相会談を行ったが、平行線だった=5日、ロンドン(共同)

     茂木敏充外相は5日午前(日本時間同日夕)、先進7カ国(G7)外相会合に出席するため滞在中の英ロンドンで、韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相と会談した。文在寅(ムン・ジェイン)政権下で悪化している日韓関係を修復する道を探ったが、鄭氏からは数々の「反日」暴挙への改善策は示されなかった。同日閉会したG7外相会合では、軍事的覇権拡大を進める中国に対峙(たいじ)する姿勢が示された。G7に他の民主主義諸国を加える「D10」構想もあるが、「親中」の文大統領率いる韓国がネックとなりそうだ。 

     「日韓関係をこのままにしておいてはいけないとの認識を共有できた」

     茂木氏は、日韓外相会談後のオンライン記者会見で、こう語った。今後も外交当局間の意思疎通を続けるというが、鄭氏の言動を見る限り、関係改善は相当困難とみられる。

    >>続きを読む


    202105/02

    韓国・文政権、支持率20%台で“四面楚歌” 日本の処理水批判も学会から真逆の見解で反日政策は“空振り” 不動産政策の失敗に加えコロナ禍での会食にも批判噴出

    厳しい立場に追い込まれた文大統領(韓国大統領府提供・共同)
    厳しい立場に追い込まれた文大統領(韓国大統領府提供・共同)

     任期が残り1年となった韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が四面楚歌(そか)状態となっている。支持率はついに20%台に突入、21日に決まったバイデン米大統領との首脳会談でも「親中・親北外交」が糾弾される可能性がある。国内では不動産政策の失敗に加えてコロナ禍での会食にも批判が噴出。福島第1原発の処理水放出で日本を猛批判しても自国の学会から真逆の見解が示され、「反日政策」も空振りに終わりそうだ。

     韓国の世論調査会社、韓国ギャラップは4月30日、文大統領の支持率が過去最低の29%だったと発表した。就任以来初の30%割れで、不支持率は60%にのぼった。支持しない理由で最も多かったのは「不動産政策」の28%で、住宅価格高騰への不満が噴出している。

     低迷する支持率を外交で挽回したいところだが、5月21日にホワイトハウスで行われるバイデン大統領との初の対面形式の首脳会談も文氏にはいばらの道だ。

    >>続きを読む


    202105/01

    批判ビラ撒いた国民を告訴か、聞いて呆れる「人権弁護士」文在寅

    産経支局長を起訴した前政権を批判していた人物の「言行不一致」
    2021.5.1(土)李 正宣

      https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/1/b/1200mw/img_1be34d7556374a4019e43b4b1c7007ee2378005.jpg 2x" class="lazy not-trans loaded" width="600" height="400" pinger-seen="true" srcset="https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/1/b/600mw/img_1be34d7556374a4019e43b4b1c7007ee2378005.jpg 1x,https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/1/b/1200mw/img_1be34d7556374a4019e43b4b1c7007ee2378005.jpg 2x" data-was-processed="true" style="border-style: none; vertical-align: top; opacity: 1; transition: opacity 0.5s ease 0s;">文在寅大統領(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

       韓国で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領を非難するビラを配った男性が「侮辱罪」の疑いで起訴される羽目になった。侮辱罪は親告罪である。批判された本人か、その人が委任した人物が告訴してはじめて捜査が始まる。つまり大統領が国民を告訴したことになる。いま韓国では大統領のこの行為に対する強い非難が巻き起こっている。

      「ビラ撒いただけで告訴」は大統領本人によるものか

       起訴のきっかけとなった事件のあらましはこうだ。

      https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/1/3/500mw/img_135d90fd1cf80b09768d7956c7c31de2358112.jpg 2x" class="lazy loaded" width="250" height="355" pinger-seen="true" srcset="https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/1/3/250mw/img_135d90fd1cf80b09768d7956c7c31de2358112.jpg 1x,https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/1/3/500mw/img_135d90fd1cf80b09768d7956c7c31de2358112.jpg 2x" data-was-processed="true" style="border-style: none; vertical-align: top; opacity: 1; transition: opacity 0.5s ease 0s;">韓国のネット新聞に掲載されたキム・ジョンシク氏が散布したとされるビラ

       2019年7月17日、保守派青年団体「ターニングポイント」代表のキム・ジョンシク氏(34歳)は、国会敷地内の噴水台の前で、文在寅大統領を批判するビラを配った。そのビラは親日派の一掃を掲げる左派・歴史団体の「民族問題研究所」をパロディーにしたチラシで、表には「2020年応答せよ、親日派の子孫たちよ」というスローガンとともに、文在寅大統領、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長(当時)、洪永杓(ホン・ヨンピョ)元民主党院内代表らの父親が日帝植民地支配当時に揃って親日行為をしたという主張が書かれていた。旭日旗模様の背景の上に、「文在寅統領の父親のムン・ヨンヒョンは日帝強占期当時、名門高の咸興農高を卒業後、興南市役所農業係長を務めた」という主張も書かれていた。

      >>続きを読む


      202104/30

      「反中」爆発、韓国世論に異変 「キムチ」「PM2・5」問題が引き金 旭日旗を引き裂く映像に驚きのコメント「中国国旗も引き裂いて」

      東京電力福島第1原発処理水の海洋放出決定に抗議し、ソウルの日本大使館前で髪を丸刈りにして抗議する若者ら(共同)
      東京電力福島第1原発処理水の海洋放出決定に抗議し、ソウルの日本大使館前で髪を丸刈りにして抗議する若者ら(共同)

       韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、「反日・告げ口外交」を加速させている。自国の原発でも大量の放射性物質トリチウムを海洋放出し、政府の合同タスクフォースが「科学的に問題ない」との報告書をまとめていながら、日本政府が東京電力福島第1原発のトリチウムが含まれる処理水の海洋放出を決めたことを批判し、欧州やアジア、中米諸国などに同調を求めている。ただ、国内では「反中」感情が高まっており、これが「反文在寅」感情を爆発させかねない危機的状況だという。中韓関係を悪化させている「中国由来の微小粒子状物質『PM2・5』」と、「キムチの起源」問題。ジャーナリストの室谷克実氏が、あきれ果てる隣国の最新情勢を報告する。

       韓国の文政権は、日本政府が決定した「福島原発の処理水を海洋放出する」との方針に、「国民の情緒」を最大の根拠にして噛みつくことで、支持率低下を食い止めようとしている。文政権にとっては、中国も日本の決定を批判していることが、心理的に大きな支えになっているようだ。

      >>続きを読む


      202104/30

      オワコン状態の「K防疫」に胸を張る文在寅大統領の厚顔無恥

      日本よりはマシだが、ワクチン接種が広がらない韓国に漂う敗北感
      2021.4.30(金)田中 美蘭

        https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/2/3/1200mw/img_2338ca4d1b775950716ba280bf4b40d86312881.jpg 2x" class="lazy not-trans loaded" width="600" height="378" srcset="https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/2/3/600mw/img_2338ca4d1b775950716ba280bf4b40d86312881.jpg 1x,https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/2/3/1200mw/img_2338ca4d1b775950716ba280bf4b40d86312881.jpg 2x" data-was-processed="true" pinger-seen="true" style="border-style: none; vertical-align: top; opacity: 1; transition: opacity 0.5s ease 0s;">「K防疫」を世界に誇る文在寅大統領だが・・・(写真:ロイター/アフロ)

         新型コロナが世界で猛威をふるい始めて既に1年以上が経過した。各国でさまざまな対策が施されるなど生活への影響も続く。米国やイスラエルといった一部の国ではワクチン接種が進み、コロナ禍から脱却する兆しも出ているが、変異株の脅威が危惧されており、新型コロナとの戦いは終わりが見えない。

         韓国においても、文在寅政権が自画自賛のように称賛していたコロナ対策「K防疫」も限界を迎えつつあるようだ。

         韓国で新型コロナの感染拡大が本格化したのは2020年2月のこと。第1波と言うべき感染拡大が始まった当初は、感染者の動向の公開やオンライン教育の整備、マスク着用の義務化など政権の素早い対応は評価されていた。だが、この1年を振り返れば感染者を減少させ抑え込んだとは言い難く、いまだに数カ月周期で感染者の増減を繰り返している。その状況に国民の不満も募る一方だ。

        >>続きを読む


        202104/29

        韓国、ワクチン外交で右往左往 米に「ワクチンスワップ」提案、ロシアにも接近…防疫対策の失敗目前か

        ロシアのワクチン「スプートニクV」(ロイター)
        ロシアのワクチン「スプートニクV」(ロイター)

         韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が新型コロナウイルスのワクチン外交で右往左往している。米国に通貨スワップ(交換)ならぬ「ワクチンスワップ」を提案したり、ロシア製ワクチンにも色気を見せる。米ファイザー製ワクチンの追加確保で契約を結んだと発表したが、接種時期は不透明だという。

         鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相は20日「米国とワクチンスワップを真剣に協議中だ」と明らかにした。米国から先にワクチンを借りて、後で調達できた際に返す方法や、注射器などの医療物資と交換することも検討されていたという。

         だが、朝鮮日報によると、米国務省のプライス報道官はワクチンについて「カナダやメキシコ、(日本、オーストラリア、インドの)クアッドと協議を行った」と述べるにとどまった。

        >>続きを読む


        202104/29

        艦島の世界遺産登録を妨害した韓国の誹謗中傷

        徴用工など反日プロパガンダの片棒を担いだNHKの歴史改ざん
          https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/b/b/1200mw/img_bb52f80593822527e3dde6053a3b4b0021630.jpg 2x" class="lazy not-trans loaded" width="600" height="450" srcset="https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/b/b/600mw/img_bb52f80593822527e3dde6053a3b4b0021630.jpg 1x,https://jbpress.ismcdn.jp/mwimgs/b/b/1200mw/img_bb52f80593822527e3dde6053a3b4b0021630.jpg 2x" data-was-processed="true" pinger-seen="true" style="border-style: none; vertical-align: top; opacity: 1; transition: opacity 0.5s ease 0s;">青空に映える軍艦島(写真:軍艦島を世界遺産にする会資料、以下同)

          ※過去の連載記事は以下をご覧ください。
          ※1回目「石炭を掘るためだけに存在した軍艦島が語る未来」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64178
          ※2回目「今も色鮮やかによみがえる軍艦島での日常生活」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64267
          ※3回目「『地獄の島』の汚名を着せられようとしている軍艦島」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64576
          ※4回目「廃墟と化した軍艦島はなぜ世界遺産に登録されたのか」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64695
          ※5回目「軍艦島の『世界遺産化計画』につながったある出会い」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64702
          ※6回目「『無謀』と言われた軍艦島の世界遺産登録、その裏側」(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64970

           2015年7月4日、長崎市内のホテルで支持者とドイツ・ボンで行われていた第39回世界遺産委員会の生中継を見守っていた。軍艦島が世界遺産に登録される瞬間を見届けるためだ。

           私はドイツに行くことはできなかったが、取材を続けてくれていた共同通信の記者がドイツに行き、逐次電話で連絡をくれていた。夕方を過ぎても決着がつかず、ボンからの電話には焦りの様子が窺われた。同日に登録されないという理由を聞いて唖然とした。世界遺産委員会は当初、日本時間7月4日の審議で「産業革命遺産」を扱う予定だったが、日韓の対立で先送りになったのだ。

           予想はされてはいたが、元朝鮮半島出身労働者、いわゆる「徴用工」を巡って調整が難航。韓国は産業革命遺産に「戦時中、朝鮮人が強制徴用された施設がある」として登録に反対していた。2015年6月21日の日韓外相会談では、互いに推薦する案件の登録に向けて協力するという合意がなされていたが、徴用の具体的な説明で、日韓の協議が長引いたのである。

          >>続きを読む